看護師転職情報局

看護師転職情報局

看護師記事タイトルアイコン新しい職場でのこころの準備

新しい職場のイメージ

新しい転職先が決まってもまだ本当の意味で転職に成功したとはいえません。転職先から内定を貰えたことに安心して新しい職場でのこころの準備を忘れていると、入職時に失敗して転職を繰り返すことになるかもしれません。初めて転職する方はとくに失敗しやすいので今からしっかりとこころの準備をしていきましょう。

新しい職場のやり方に合わせよう

仕事のルールややり方はそれぞれの職場ごとに必ず違いがあるということを理解しておく必要があります。同系列の病院や同じ科の職場であってもやり方は様々です。たとえそのやり方が非効率なやり方だと感じても、自分のやり方と違っていてもまずは否定せずに受け入れて新しい職場のやり方に合わせるようにしましょう。

院内の暗黙のルールには触れない

病院には「暗黙のルール」が存在することが結構あります。入職後にちょっとおかしいなと感じたり常識から外れた行動がある事に気がついても、その事にすぐに触れるのは止めておきましょう。できるだけ柔軟な対応を心がけて上下関係にも気を配れる余裕があればいいですね。

肩の力を抜いて過度なプレッシャーをなくそう

キャリアアップのために転職した看護師に多いのですが、「なんでもできなければならない」と自分を追い込んでしまって、それが極端なプレッシャーになっていることがあります。ある程度の緊張感は必要ですが、職場環境が変わってすぐに活躍できる人はほとんどいません。新しい職場に慣れるためにも「分からない」ことは「分からない」と伝えておくことが大切です。入職したばかりで分からない事があるのは当たり前なので、肩の力を抜いて下さいね。

バリバリ働くより先に職場になじもう

転職先で早く認められたいと思う気持ちは分かりますが、バリバリ働きたいという思いを押し出しすぎるのはよくありません。女性が多い看護師の職場は、仕事で認められるよりも先に、職場の仲間として認めてもらうことが大切です。入って半年ぐらいは環境に馴染むことを優先的に考えた方がスムーズに職場に適応できるし、周りとの人間関係もしっかりしてくると思いますよ。

自分を知ってもらう事より相手を知ることが大切

入職の際に自己PRばかりに力を入れてしまう看護師がいますが、大切なのは自分を知ってもらう事よりも相手を知ることです。まずは同僚や上司の名前をきちんと覚えて呼ぶことから始めて下さいね。円滑な人間関係を築くためにも周りの看護師についてしっかりと情報収集することが必要です。

仕事の実績は半年以内に出しておく

入職してすぐは環境に適応するために情報収集を一番に考えることが必要ですが、そればかりに力を注いでいるのも問題です。新しい職場で看護師としての実績を作ることも忘れてはいけません。3か月~半年の間に、自分が出来ることを見つけてしっかりアピールしておきましょう。けれど、この早く実績を出したいという気持ちが空回りしている人は多いので、その点は気を付けてくださいね。

看護師求人サイト比較!まとめ

心得として、
・ まずは環境と人を知ること
・自分をだすのはそれから
・病院やクリニックなど、職場ごとにルールがある
・転職の目的を忘れないように
を気を付けてください。

まとめ看護師イメージ

次の記事 > 理想の条件

後悔しない!看護師求人サイトはこちら
後悔しない!看護師求人サイトはこちら