看護師転職情報局

看護師転職情報局

看護師記事タイトルアイコン退職届の書き方と心構え

退職届のイメージ

今回は私の経験から病院勤務を例に、現在勤めている病院と円満退職を行うために覚えておくべき心構えや、円満に退職を進めるうえで必須となる退職届の書き方を確認しておきましょう。
看護師として転職を決めたなら、次の勤務先に転職するまでにやらなければいけない事が色々と出てくるのです。

安易な退職日の決定はトラブルを招くことも

退職日をいつにするか、というのは転職先の病院との兼ね合いもあるため自分の都合の良い日に決めてしまいがちですが、円満に退職するためにできるだけ慎重に決めましょう。病院が繁盛期の場合や人員不足の時など特に注意して退職日を選ぶ必要があります。退職トラブルに発展しないためにも転職が決定したらできるだけ早めに病院側に退職の意思を伝え、重要な業務などは引き受けないようにしておくことです。病院に限ったことではなく、だいたいの医療施設において、業務の整理や引き継ぎなどもあるため1ヵ月程度の計画を持って行うことが多いようです。

退職を申し出る時の心構え

退職を申し込んだ時にあっさりと受け入れてもらえることは稀で、ほとんどの人が少なからず引き止められる事になると思います。看護師はどこの病院でも不足しているため特にそのような状況になりやすく、中には契約内容を持ち出して強引に引き止められたり、退職を認めてもらえなかったりするケースも見られるので、退職を申し出る前にしっかりと心の準備をしておきましょう。大切なのは引き止められた時に迷わず冷静に対応できるように自分の退職理由を明確にしておくこと。そして退職を認めないという行為は労働基準法で厳格に禁止されているということを知っておいてください。

退職届の書き方と提出時期

「退職します」という事実を書面で残しておくことは「いつ正式に申し出たか」を記録として残すために必要ですし、民法上の観点からもやっておいた方が良いとされています。

退職することが決まったら退職届を書面で提出しましょう。退職について取り決めがされていない場合は2週間前の申し入れでも民法上は構わないということになっていますが、病院によっては就業規則で1ヶ月前や2ヶ月前の申し入れを義務としている場合も多いので、退職届を提出する前に勤めている病院の就業規則をチェックした方がいいですね。

退職届の書き方の一例を掲載していますので、上図を参考に記入して決められた時期までに提出を行いましょう。

退職届を提出する相手やタイミングはどうする?

退職届の提出は直属の上司に行うのが一般的です。師長と看護部長がいる中で師長ではなく看護部長に提出してしまうと、師長の管理不足が問題視される可能性も出てきます。円満に退職するためにもできるだけ直属の上司に提出するようにしましょう。まれに就労規則の中に退職届を誰に提出するべきかまで記載されていることがあるので、就労規則の確認をしっかりと行うことが大切です。そして、退職届は提出後の取り消しが出来ないのでタイミングが非常に重要です。退職届を提出するのにベストなタイミングですが、転職を予定している病院から内定書が届いて入職前の健康診断が終了した状態で提出することを一番おすすめしています。

次の記事 > 新しい職場での心の準備

後悔しない!看護師求人サイトはこちら
後悔しない!看護師求人サイトはこちら