看護師転職情報局

看護師転職情報局

看護師記事タイトルアイコン退職の適切な伝え方

退職を伝えた時のイメージ

転職先が決定したら真っ先に上司へ退職する意思を伝えておく必要があります。お世話になった上司に退職したい旨を伝えるのはとても勇気がいりますよね。どのように退職を伝えたらいいのか不安に思っている方のために、私が実践した退職の適切な伝え方をご紹介します。

基本的に一番先に師長に伝えよう

直属の上司、一般的には看護師長に最初に退職の意思を伝えておきましょう。看護師長より先に看護部長に伝えてしまうと看護師長の管理不足が疑われることになるかもしれません。ささいなことで退職するまで居心地の悪い職場環境になりかねませんので、伝える相手を間違えないようにしてくださいね。

師長に伝える方法は「直接」がベスト

退職の意思は直接対面でしっかり伝えることが大切です。できれば師長の手が空いたタイミングで、他人に聞かれないように二人きりになれる場所まで移動してから、退職の意思を伝えるようにしてください。表情を見れば意思も伝わりやすく、引き止めに関するトラブルも最小限で抑えられるかもしれません。その際曖昧な態度は絶対にNGです。病院側も貴重な人材を手放したくはないですから、強引な引き止めを受けてかえって辞めにくくなってしまうかもしれません。強い意志をもって丁寧にハッキリと退職の意思を伝えることが肝心です。

就業規則で定められた期間までにできるだけ早く伝えること

法律上は会社を退職する場合、2週間前までに伝えれば良いとされていますが、医療機関によっては就業規則で「退職する場合は3ヶ月前に申し出なければいけない」と比較的長く定めている場合もあるので、現在勤務している病院の就業規則を必ず確認しておいてください。そして円満に退職するためには師長にできるだけ早めに退職の意思を伝えることです。伝えにくいからとギリギリのタイミングまで引き延ばすのはなるべく避けましょう。退職が決定しても引き継ぎ作業や新しい看護師の採用等ある程度の時間を必要とするため、余裕をもった退職の申し出をしておかないと希望した日時に辞められない可能性も出てきます。

「前向きな姿勢」のアピール

退職理由が現在の職場への不満だったとしても、そのような退職理由を正直に伝えるのは止めておきましょう。もし待遇への不満だった場合「給料の引き上げ」や「勤務体制の見直し」案を提示されてしまい、逆に辞めにくくなってしまうかもしれません。転職先が決まっている人は新しい職場で頑張る意思を伝え、「自分のキャリアアップのため」や「学びたい分野がある」など前向きな姿勢を話して納得してもらいましょう。

次の記事 > 退職届の書き方と心構え

後悔しない!看護師求人サイトはこちら
後悔しない!看護師求人サイトはこちら