看護師転職情報局

看護師転職情報局

看護師記事タイトルアイコン理想の条件

ある看護師の理想の転職条件イメージ

私の職場にはお子さんがいても看護師として活躍中のママナースが沢山いらっしゃって、子供を育てながら働く難しさなど色々な経験を聞かせてもらっています。お子さんがいながら転職を考えているママさんナースのために、同僚や先輩に教えてもらった理想の条件をご紹介していきます。

勤務先の立地条件

ママさんナースが転職活動で一番重要視しなければいけないのは勤務場所です。子供は急に熱を出します。朝は元気に登園していても保育途中で体調が悪くなってしまうと勤務中でも保育所まで迎えにくるよう電話がかかってきます。小さなお子さんなら特に集団生活が始まると色々な病気をもらってくる可能性が高いので、保育所に近い勤務先を選ぶ必要がありますよね。祖父母にお任せする場合でも何かあった時にすぐに駆けつけることが出来る距離だと安心して働くことができて安心です。送り迎えのことだけでなく、主婦業もこなさなければならないママナースにとって、近くにスーパーがある病院というのもポイント高いそうです。

院内託児所を利用する

働くママのために院内託児所を併設している病院も増えてきているそうです。院内託児所なら送り迎えの手間も省けるので忙しいママさんナースは助かりますよね。費用に関しても病院側が利用料金の一部を負担してくれるため、一般の保育施設に預けるよりも保育料を安く抑えられるメリットがあります。ただ院内託児所も運営の仕方はそれぞれ違うみたいなので、利用する予定であれば事前に保育時間などを必ずチェックしておいた方がいいですよ。しっかり確認しておかないと、預けたい時に預かってもらえないでは困ってしまいますもんね。

ブランクに対するフォローがある

子育てしながらの勤務も大変ですけど、育児休暇明けの復職というのが肉体的にも精神的にも大変なことらしいです。1年ぐらいの育休ならあまり問題ないみたいですけど、3年、4年と職場から離れてしまうと、以前身に付けていた看護技術に不安を持ってしまうそうです。医療現場では新しい技術がどんどん取り入れられていて、医療システムや術式、器具などすぐに最新のものに変わってしまうので、看護師としてのブランクが長いほど環境の変化に対応するのは大変、というのはよくわかります。

ブランクのあるママさんナースにとっては看護師の復職支援体制が整っている病院を選ぶことをがおすすめします。ブランクがあるのに忙しいからとすぐに現場に出されて戸惑いを感じたり、失敗をしてしまうと精神的にまいりますよね。採血や点滴のルート確保方法の確認や感染管理、電子カルテや医療機器の扱い方などを入職時の研修でフォローしてくれる病院ならブランクがあっても復職しやすくなります。

後悔しない!看護師求人サイトはこちら
後悔しない!看護師求人サイトはこちら