看護師転職情報局

看護師転職情報局

看護師記事タイトルアイコン確認すべき、重要項目とは

転職の重要項目を考えてる看護師イメージ

看護師にとって自分に合った職場を探すことができるかどうかという事が転職を成功させる鍵ですよね。ここでは転職先を探す際に確認すべき重要項目や、絶対に抑えておきたい病院・クリニック等を選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

同僚にリサーチした前職場の経験談は参考程度にしておく

転職したいと思い始めたら、まずは転職経験のある同僚の看護師に話を聞いてみたくなるもの。その中で前職場の経験談を聞くこともありますよね。それが良い評判だった場合は大丈夫ですが、もし悪い評判だったとしても同僚が話す内容を鵜呑みにするのは少し危険かもしれません。同僚には合わなくてもあなたにとっては問題のないことや、同僚の話だけでは分からない真実もある可能性があります。自分に向いている病院の選択肢を狭めないためにも同僚の経験談は参考程度に聞きましょう。

要注意!?ハローワークでよく見かける職場

全国展開の組織の連合会の場合は、常にハローワークに求人を出していても問題ありませんが、該当しない病院や施設で常時募集している所なら要注意。離職率の高い職場だったり募集をかけても人が集まらない職場の可能性が高いので、避けた方が安心です。どうしても気になる職場の場合は職員に詳しい情報を確認した方が良いでしょう。

できれば4週8休の職場を探そう

看護師の仕事はやりがいはありますが、体力的にも精神的にも決して楽なお仕事ではありません。いくら給料や待遇が優れていても週2回のお休みがないと結局続けることが難しくなってしまっては、また転職を考えなければなりません。できれば4週6休の職場よりも4週8休の職場を優先して探す方が、結果的に長く働くことが可能になります。

「サービス残業」をさせる職場の見分け方

残業の多い少ないに関わらず残業手当が出る職場なら金額や条件を明記しています。もし求人票・求人案内に残業に関する表記がない場合は、面接時に「残業代」についての質問を忘れずに聞いておきましょう。そこで法律で定められた金額をしっかり提示してくれる職場なら安心ですが、明確な返答がない場合やごまかしたような曖昧な回答しかもらえない場合は「サービス残業」をさせる職場かもしれませんので気を付けてください

就職・転職はサポート機関を上手に活用しよう

転職を考えている方は、働きながら就職活動をすることになります。求人情報の中から条件に合う勤務先を調べたり、また勤務の合間に就職先の面接に行ったりを全部自分ひとりで抱えなくていけません。そんなハードな状況に転職自体が面倒になってしまったり、就職活動に疲れて適当な勤務先を選んでしまい後悔する…なんて事になりたくはないですよね。最近では看護師専門の就職・転職サポートを行っている会社がいくつもあります。そのような会社では希望する職場条件を提示すれば、こちらの要望に沿った就職案件を専任のキャリアコンサルタントが調べて紹介してくれたり、中には面接のセッティングや就職交渉までサポートしてくれる会社もあるんです。サポート機関を上手に活用すれば転職活動の負担を減らせますし、利用している看護師は私の周りにもたくさんいますよ。

看護師求人サイト比較!まとめ

募集がいつ始まったのか、ここ数年の採用状況、スタッフの出入り、働いている人の属性(年齢や未既婚等)など、求人案件に出てこない情報は、サポート機関を使ってうまく収集したいですね。
項目があってもあいまいなものは、理由を確認するべきです。

まとめ看護師イメージ

次の記事 > ベストなタイミングはいつ?

後悔しない!看護師求人サイトはこちら
後悔しない!看護師求人サイトはこちら